2007年12月20日

Flash円グラフ

これ使えるよ!!

http://f-site.org/articles/2006/10/06034300.html
posted by zis at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flashとページの概念(Concept of Flash and page)

swfは通常HTMLファイルをコンテナとして処理される為
swf内でのコンテンツ遷移があった場合でもブラウザ上では1ページとして解釈される。
つまりブラウザの「戻る」や「進む」などのボタンを利用して
ヒストリーを辿ることができない。

この問題を回避すべくいくつかの方法(ツール等も含めて)が考えられる

1.Flash7から機能追加された「名前付き」アンカー
 この方法はブラウザによっては正常に動作しないなどの制約もあり
 またFlash8からはあまり推奨されていないとのことなので、あくまでも1つの選択肢です。

2.JavaScriptでFlashのヒストリーを管理するswfaddress( http://www.asual.com/swfaddress/ )
3.同じくDHtmlHistory( http://codinginparadise.org/weblog/2005/09/ajax-dhtmlhistory-and-historystorage.html )
2及び3に関しては同じようなAjaxアプリケーションとしてjavascriptファイルが提供されている
個人的には2の方がシンプルで使いやすい感がある。(詳しくは各サイトで)
(2を利用している参考サイト: http://www.schematic.com/ )

4.2や3が内部でおこなっている処理を単純化して自分で作成
概念を整理する為に実際にFlashは利用せずにHTML+JavaScriptのみで構成を再現した

http://www.iretj.com/~ak/study/flashpage/

このページは
index.html(フレームファイル)
main.html(メインフレーム)
dummy.html(ダミーフレーム)

の3ファイルで構成されている。
実際に利用する場合はdummy.htmlはindex.html内のソースで
フレームサイズを0(ゼロフレーム)として利用する。

1.main.htmlのボタンを押すとダミーフレームにパラメーターを付けて再読み込みする。
2.dummy.htmlはパラメーター付きで読み込まれるとJavaScriptでindex.htmlのタイトルとロケーションを変更する。

ただこれだけの流れでブラウザ内にはヒストリーが作成されるので「戻る」「進む」のボタンでヒストリーを辿れる。

次に先ほどのパラメータ付きURLをブックマーク等で直接アクセスされた場合の処理を考える。

1.index.htmlはパラメーター付きで読み込まれた場合は、main.htmlにそのままパラメーターを引き継いで読み込む。
2.main.htmlはパラメーター付きで読み込まれた場合は、初期化処理を行う。
(サンプルでは初期化処理でボタンを押した場合と同様のfunctionを呼び出している。よってタイトルが更新される。)

このサンプルは概念を理解する為のものなので、あえてswfは利用していないが、
main.htmlとdummy.htmlにswfを配置することでFlashにページの概念を持たせることが可能となる。

このサンプルは以下のURLで ( http://www.iretj.com/~ak/study/flashpage/FlashPage.zip )
posted by zis at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ立ち上げました!

ブログお初です!Webクリエイティブ関連の情報を扱います
posted by zis at 14:12| Comment(1) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。