2008年01月08日

(続)初めてのSilverlight

前回Silverlight.jsから
Silverlight.createObjectを利用して
Silverlightのコンテンツを表示させる方法を紹介した。

前回は必要最低限度の情報だけだったが
今回はより多くの情報を紹介したい。

前回は
Silverlight.createObjectの引数は全部で5つと紹介したが
省略可能なものも含めると全部で7つのパラメーターが存在する。

Silverlight.createObject(
XAMLファイルのパス,
HTML内の表示位置,
オブジェクト名,
イニシャライズオブジェクト,
エラー処理等のオブジェクト,
引渡しパラメーター(文字列)(省略可),
コンテキストストリング(省略可)
)

これら合計7パラメーターが非省略時の全てで
場合によって利用することとなる。

Silverlight.createObjectは熟練するとコーディング量は
こちらの方が少ないので、悪くはないが
パタメーターをより認識しやすい形式に変更した
Silverlight.createObjectExという関数があるので
今回はそちらを紹介したい。

Silverlight.createObjectExは
Silverlight.createObjectと異なりパラメーターは1つのみとなる。
ただし1つだけの引数はオブジェクトの形式で引渡し、
そのオブジェクトのプロパティ名を決められた名前にすることで
実行が可能となる。サンプルを見てもらえれば
可読性の高さをお分かりいただけると思う。


01:<html>
02:<head>
03:<script type="text/javascript" src="js/Silverlight.js"></script>
04:<script language="JavaScript">
05:<!--
06:  function init(){
07:    Silverlight.createObjectEx(
08:      {
09:        source:"test.xaml",
10:        parentElement:document.getElementById("helloworld"),
11:        id:"helloworld",
12:        properties:
13:        {
14:          width:'500',
15:          height:'450',
16:          inplaceInstallPrompt:false,
17:          background:'#FF0000FF',
18:          isWindowless:'false',
19:          framerate:'24',
20:          version:'1.0',
21:          ignoreBrowerVer:false,
22:          enableHtmlAccess:true
23:        },
24:        events:{onError:null, onLoad:null},
25:        initParams: "param data string",
26:        context:"context data string "
27:      }
28:      );
29:  }
30://-->
31:</script>
32:</head>
33:<body onLoad="javascript:init();">
34:<center>
35:<div id="helloworld"></div>
36:</center>
37:</body>
38:</html>

前回紹介しなかったパラメーター等を簡単に紹介したい。

inplaceInstallPrompt:
Silverlightプラグインがインストールされていなかった場合に
表示される、ダウンロード先のリンクに詳細説明を表示させるか
どうか。trueなら詳細を表示する。デフォルトはfalse

background:
8桁指定の場合は初めの2桁はアルファチャンネルとなる。
isWindowlessをtrueなどにしてアルファチャンネルを00にすると
背景が完全に透過する。

isWindowless:
ウィンドウレス・コントロールとして表示するかを指定。
SilverlightオブジェクトのSettings.Windowlessプロパティに相当

frameRate:
フレームレート。デフォルト24 最大64

ignoreBrowserVer:
実行するWebブラウザのタイプやバージョンの確認を無視するか指定

enableHtmlAccess:
コンテンツがHTMLのコンテンツへアクセスすることを許可するか指定。
SilverlightオブジェクトのSettings.EnableHtmlAccessプロパティに相当

・完成形イメージ
http://www.iretj.com/~ak/study/silverlight/SilverlightCreateObjectEx.html
posted by zis at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77085822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。