2007年12月31日

SilverlightのHelloWorld!!

とりあえず
ExpressionBlendは使わずに
SilverlightSDKとXAMLの手書きレベルで
簡単に初めてのSilverlightアプリを試しで作ってみました。

ただwmvを流すだけのものです。
印象として非常にFlexに近い感覚を覚えました。
Silverlight1.0と1.1で自由度がかなり異なるようですが
とりあえず、1.0から覚えてみようと思います。

何かできたら公開しますね!
posted by zis at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

神戸にて

久しぶりに神戸に帰郷しました。
神戸の地で懐かしのジュンク堂書店で
BlendBookを見つけたので早速購入しました。

・BlendBook
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798114863?ie=UTF8&tag=2ndfactory-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4798114863

その他
・初めてのSilverlight
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AESilverlight%E2%80%95Flash%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AAWeb%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%92MS%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A7-I-BOOKS-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E7%BE%8E%E6%A8%B9/dp/4777513270/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1199004655&sr=8-5

も共に購入

年末年始で読めるだけ読むつもりです。
来年はMicrosoftYearです。

それにしても神戸の地はほっとさせてくれます
タグ:Silverlight
posted by zis at 17:52| Comment(3) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

今年も一年お疲れ様でした。

本当に色々あった2007年でしたが
事務所の移転と大掃除も無事終了し
本年度の業務を終了することができました。
スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。

来年は年明けから激動の日々がスタートします。
自身としても会社としても勝負の一年になると
意気揚々としております。

是非是非来年の今頃には
好い一年だったと振り返ることができるように
頑張っていきましょう!!

posted by zis at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

VisualStudio2008ExpressEditions

VisualStudioやSQLServerまで
MSの製品もどんどんフリーで利用できるようになってきました。
時代の流れですね。

VisualStudioは個人的には6.0以降
ほとんど触っていないので、なんだか抵抗がありますが
そうも言ってられそうにないので
とりあえず、インストールしてみようか・・。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/
posted by zis at 20:53| Comment(1) | TrackBack(1) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

WPFショーケース

MSのWPFショーケース
http://www.microsoft.com/japan/windows/marketplace/webshowcase/Default.aspx

まだまだコンテンツ数は少ないですが
今後充実してくるのが予想されます。

要チェックですね。
posted by zis at 12:48| Comment(0) | TrackBack(1) | WPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

Silverlightへの挑戦

長い間WebインタラクションはFlashという考え方で
Flashの追求はおこなって来ましたが
来年からSilverlightとの付き合いが始まりそうです。

・Silverlight
http://www.microsoft.com/japan/silverlight/default01.aspx

初めてFlashに取り組んだ時の初心に戻って
Silverlightに取り組んでいきたいと思います。
Silverlight、WPF、Expressionあたりがキーワードになりそうです。

これまでユーザーエクスペリエンス(UX)というと
AdobeやAppleのイメージが強くありましたが
いよいよMicrosoftが、その領域に手を出してきたという意味で
UI、UXを意識する立場としては、研究の余地がありそうです。
今後研究レポートなどもアップしていきたいと思います。

posted by zis at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

ByteArray.org

AS3の最も注目すべき機能として
ByteArray(バイト配列)の機能がある。

バイト配列を利用できることから
Flashの可能性が絶大に拡大する。
バイナリデータを直接扱えるということは
どのようなファイルフォーマットでもswf上から扱えることになる。
Airアプリケーションとしても非常にポイントになることが
容易に想像できます。

早速、Flashのバイト配列の機能を利用して
様々なツールを共有しているサイトがあるので紹介します。

・ByteArray.org

http://www.bytearray.org/

すでに様々なツールが紹介されているので是非参考に。
posted by zis at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ActionScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

ブルーレイクオリティ(Blu-ray Quality)

今更ではありますが、
最近PS3を購入しました。

PS3のメディアはBlu-rayなので
当然グラフィックが美しいのは誰にも想像がつきますが
実際に購入して一番印象的なのが
ゲームのサウンドがドルビープロロジック5.1chの
デジタルサラウンドなので、本当に映画並みの大迫力です。
我が家はAVアンプで映像、音声を集中管理しているので
当然PS3も5.1ch環境での利用をしているのですが
ゲームでの5.1chはすごい臨場感です。

今後のゲームの行く先が楽しみでもありますが
Web業界に携わるものとしては
Webメディアの拡大=ゲームや映画等プロの映像チームのWeb参入
という流れが想像されますので、楽しみ半分
脅威でもあります。
今後はゲームの中からもWebのインタラクションを学習するように
心掛けていきたいと思います。

タグ:PS3 Blu-ray
posted by zis at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

便利なJSFL(JSAPI)紹介

Flashのオーサリング環境をコントロールする為の言語
FlashJavaScript(jsfl:JSAPI)というものがあるのですが
それで便利なツールを紹介します。

今回紹介するものは共に
マイクロソフトマウスなどの5ボタンマウスで
4ボタン、5ボタンなどをFlashアプリケーション利用時に
これらのコマンドに割り当てて利用する為のものです。
つまり、4ボタンを押すとムービークリップダブルクリックと同じ意味合いで、5ボタンを押すとムービークリップを1つ上の階層に
あがれるといったことが可能になります。

・レイヤーにムービークリップが1つしかない場合は、
そのムービークリップをダブルクリックして編集モードに移行します
http://www.iretj.com/~ak/study/jsfl/exitEdit.jsfl

・編集中のムービークリップから1つ上の階層に上がります。
http://www.iretj.com/~ak/study/jsfl/enterEditMode.jsfl

ファイルをダウンロードすると
ソースを確認できますが、
JSFLについては、順次紹介していきたいと思います。
今回はとりあえず、この2つを紹介

タグ:Flash jsfl JSAPI
posted by zis at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ActionScriptEditor for Eclipse

・FDT
http://fdt.powerflasher.com/

eclipseのpluginの形式のようです。
気になるので、近々お試しで使ってみます。
今やeclipseが無いとFlashを触る気にすらなれない・・。
posted by zis at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ActionScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FLVのH264コーデック検証

FLVの新規コーデックH264コーデックの検証をしてみました。
H264のコーデックへの対応は
「Adobe Flash Player 9 Update 3」で可能となりました。
オーサリング環境のアップデートは以下のURLでおこなえます。
http://www.adobe.com/jp/support/flash/downloads.html


On2VP6のコーデックよりも綺麗なはずなのですが
なぜかOn2VP6が一番綺麗という結果が得られました。
なぜ?

検証方法としては比較的高いビットレートのaviファイルを利用して
ビットレートを400KB固定で

・SorensonSpark(H263)
http://www.iretj.com/~ak/study/flv/h263/
・On2VP6
http://www.iretj.com/~ak/study/flv/vp6/
・H264
http://www.iretj.com/~ak/study/flv/h264/

と3パターン作成して比較しました。
結果

On2VP6 > H264 > SorensonSpark(H263)
という結果になりました。

引き続き検証を続けていきたいと思います。

タグ:Flash FLV H264 映像
posted by zis at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

次世代の標準入力フォーム

Adobe発のAjaxライブラリーに
Spry Widgetというものがあるらしい
DreamWeaverなどには含まれているようだが
デザイナー等のプログラムに詳しくないコーダー向けの
ライブラリーでお手軽感などを考えると
おそらく今後一般化してくることが想像される。

FlashベースのリッチなPIPアプリケーションももちろんだが
やはり開発工数及びコストや、ユーザーのお手軽感などを考えると
一般化はAjaxアプリケーションの方が優位であるように思われる。

以下のサイトがサンプルの動きを確認できる。
http://f-shin.heteml.jp/webstandard2007/sprywidget_sample.html

他導入事例として
http://www.adobe.com/cfusion/showcase/index.cfm?event=casestudydetail&casestudyid=348283&loc=ja

参考サイト
http://labs.adobe.com/technologies/spry/articles/spry_widget_model/
http://cssnite.jp/archives/post_728.php
タグ:フォーム AJAX
posted by zis at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | AJAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FLV MetaData Viewer

インストールすると
右クリックでFLVのヘッダ情報を表示して
確認できるようになります。

便利!!
http://www.buraks.com/flvmdv/
タグ:Flash 動画
posted by zis at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flashとページの概念(Concept of Flash and page)

swfは通常HTMLファイルをコンテナとして処理される為
swf内でのコンテンツ遷移があった場合でもブラウザ上では1ページとして解釈される。
つまりブラウザの「戻る」や「進む」などのボタンを利用して
ヒストリーを辿ることができない。

この問題を回避すべくいくつかの方法(ツール等も含めて)が考えられる

1.Flash7から機能追加された「名前付き」アンカー
 この方法はブラウザによっては正常に動作しないなどの制約もあり
 またFlash8からはあまり推奨されていないとのことなので、あくまでも1つの選択肢です。

2.JavaScriptでFlashのヒストリーを管理するswfaddress( http://www.asual.com/swfaddress/ )
3.同じくDHtmlHistory( http://codinginparadise.org/weblog/2005/09/ajax-dhtmlhistory-and-historystorage.html )
2及び3に関しては同じようなAjaxアプリケーションとしてjavascriptファイルが提供されている
個人的には2の方がシンプルで使いやすい感がある。(詳しくは各サイトで)
(2を利用している参考サイト: http://www.schematic.com/ )

4.2や3が内部でおこなっている処理を単純化して自分で作成
概念を整理する為に実際にFlashは利用せずにHTML+JavaScriptのみで構成を再現した

http://www.iretj.com/~ak/study/flashpage/

このページは
index.html(フレームファイル)
main.html(メインフレーム)
dummy.html(ダミーフレーム)

の3ファイルで構成されている。
実際に利用する場合はdummy.htmlはindex.html内のソースで
フレームサイズを0(ゼロフレーム)として利用する。

1.main.htmlのボタンを押すとダミーフレームにパラメーターを付けて再読み込みする。
2.dummy.htmlはパラメーター付きで読み込まれるとJavaScriptでindex.htmlのタイトルとロケーションを変更する。

ただこれだけの流れでブラウザ内にはヒストリーが作成されるので「戻る」「進む」のボタンでヒストリーを辿れる。

次に先ほどのパラメータ付きURLをブックマーク等で直接アクセスされた場合の処理を考える。

1.index.htmlはパラメーター付きで読み込まれた場合は、main.htmlにそのままパラメーターを引き継いで読み込む。
2.main.htmlはパラメーター付きで読み込まれた場合は、初期化処理を行う。
(サンプルでは初期化処理でボタンを押した場合と同様のfunctionを呼び出している。よってタイトルが更新される。)

このサンプルは概念を理解する為のものなので、あえてswfは利用していないが、
main.htmlとdummy.htmlにswfを配置することでFlashにページの概念を持たせることが可能となる。

このサンプルは以下のURLで ( http://www.iretj.com/~ak/study/flashpage/FlashPage.zip )
posted by zis at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ立ち上げました!

ブログお初です!Webクリエイティブ関連の情報を扱います
posted by zis at 14:12| Comment(1) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。