2008年01月08日

ExpressionBlendとsilverlight

現時点でリリースされている
ExpressionBlendはWPFアプリケーションを開発する為のツールで
silverlight開発には対応していないらしい。

silverlightを開発する為には
プレリリース版の
ExpressionBlend2(英語版のみ)を利用する必要がありそうだ。

Expression製品については
http://www.microsoft.com/japan/products/expression/default.mspx
posted by zis at 18:29| Comment(38) | TrackBack(4) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WPF+SilverlightとAIR+Flashの比較

WPFとSilverlight及びXBAP(XAML Browser Application)
AIRとFlashを比較して思うに、双方の得意とする
出発地点が逆であるというのが一番大きな違いを生む要因であると
思われる。

各用語について詳しくない方の為に簡単に用語の解説を入れる

・WPF(Windows Presentation Foundation)
Vistaが採用したリッチインターフェースを実現する
.NET Framework3.0のMicrosoft製の技術
WPFを利用することにより、AdobeのFlashで構築するような
リッチなインターフェースをデスクトップアプリケーションで
実現できる。
XAMLというXML系の言語でインターフェースを構築するという
特徴がある。

・silverlight(シルバーライト)
WPFの技術をクロスプラットフォームでWebブラウザ上で
利用する為のサブセット。
開発環境及び実行環境を含めて、silverlightと呼ぶ
こちらもMicrosoft製の技術

・XBAP(XAML Browser Application)
WPFアプリは最終的に.exeの形式でデスクトップアプリケーションと
.xbapの形式でWebアプリケーションの2種類に作成できる。
XBAPとsilverlightの違いはXBAPの場合は.NETFramework3.0の
動作するWindows環境のみのサポートとなるので
クロスプラットフォームではない点が違いである。
イメージとしてはActiveXDocumentなどが近いように思われる。

・AIR(Adobe Integrated Runtime)
Adobe社製のデスクトップアプリ実行環境
FlashやJavaScript、HTML,CSSなどのWebの技術を利用して
デスクトップアプリケーションを開発できる技術である。

WPFとAIRはある意味、同じ意味合いをなすものであると思われるが
双方の出発点は互いに全く異なる部分から始まっているように思う。
OSの開発を主としているMicrosoftは、これまでは
サーバーや、サーバーアプリ叉、デスクトップアプリなどに
力を入れてきたが、時代の流れでWebアプリの分野を無視できなく
なってき、デスクトップアプリケーション開発者が
Webアプリケーション開発に容易に移行できる為の環境として
Silverlightというソフトウェアを生み出す経緯になったのでは
ないかと考える。

逆にWebアプリケーション分野を得意としている
Adobe社も、様々なデバイス上でのFlashPlayerの普及や
時代の流れを考えた時に、デスクトップアプリケーションを
無視できなくなってきたのだと思われる。
そこで生まれたのがAIRであり、これまでWebプログラマーにとって
敷居の高かったデスクトップアプリを、既存の技術で
比較的容易に開発可能にする為のものであると思われる。

そう考えると、同じような機能を満たす両者ではあるが
生まれた由縁は全く異なる為、シーンにより
それぞれの長短が分かれてくることが想像できる。

長い間Web開発をおこなってきた私にとっては
AIRの方が、容易であるとは思われるが
エクスペリエンスというキーワードを生業と考えている立場としては
双方ともに無視ができない存在である。

共に研究してゆきたい。


posted by zis at 17:55| Comment(0) | TrackBack(1) | WPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

silverlight.net

silverlightのショーケースや
コミュニティなど
silverlight関連の情報を調べるには
必要不可欠なサイト

http://silverlight.net/
タグ:Silverlight
posted by zis at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SilverlightのHelloworld(サンプル付き)

今回はsilverlightを利用して
テキストを表示する方法を紹介したい。

これまではJavaScriptを利用して
Silverlightコンテンツを表示させる方法しか
解説しなかったが、今回はSilverlightのコンテンツに
様々なオブジェクトの表示を指示する
XAML(ザムル)言語について解説する。

XAMLはXML系言語でタグベースでコーディングをおこない
Silverlight上に配置するオブジェクトの情報をまとめるファイルである。

以下がhelloworld.xamlのサンプルとなる。

<Canvas xmlns="http://schemas.microsoft.com/client/2007" xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml">
  <TextBlock x:Name="title"
    FontSize="40" FontFamily="Georgia"
    FontStyle="Italic" FontWeight="Bold"
    Canvas.Top="10" Canvas.Left="10"
    Foreground="#FF0000"
  >
    Hello World!!
  </TextBlock>
</Canvas>

CanvasノードはSilverlightのコンテンツ全体を現すノードで
XAMLファイルの一番親ノードとなる。
また入れ子にすることもでき、Flashで言うところの
MovieClipに近似するように思われる。
この場合のCanvasノードはFlashの_rootと同一と考えると分かりやすい

その子階層に設定されている
TextBlockノードがテキストを表示させる為のノードで
このノードに挟まれた部分が実際に表示させるテキストとなる。
Silverlight1.0が通常サポートしているフォントは
欧文フォントのみなので、日本語の表示方法については
今回は紹介しない。この例ではシングルバイト文字のみを表示可能とする。

各属性値については、
おそらく直感的に理解できると思われるので、あえて説明は省略する。

・完成形イメージ
http://www.iretj.com/~ak/study/silverlight/helloworld.html
posted by zis at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(続)初めてのSilverlight

前回Silverlight.jsから
Silverlight.createObjectを利用して
Silverlightのコンテンツを表示させる方法を紹介した。

前回は必要最低限度の情報だけだったが
今回はより多くの情報を紹介したい。

前回は
Silverlight.createObjectの引数は全部で5つと紹介したが
省略可能なものも含めると全部で7つのパラメーターが存在する。

Silverlight.createObject(
XAMLファイルのパス,
HTML内の表示位置,
オブジェクト名,
イニシャライズオブジェクト,
エラー処理等のオブジェクト,
引渡しパラメーター(文字列)(省略可),
コンテキストストリング(省略可)
)

これら合計7パラメーターが非省略時の全てで
場合によって利用することとなる。

Silverlight.createObjectは熟練するとコーディング量は
こちらの方が少ないので、悪くはないが
パタメーターをより認識しやすい形式に変更した
Silverlight.createObjectExという関数があるので
今回はそちらを紹介したい。

Silverlight.createObjectExは
Silverlight.createObjectと異なりパラメーターは1つのみとなる。
ただし1つだけの引数はオブジェクトの形式で引渡し、
そのオブジェクトのプロパティ名を決められた名前にすることで
実行が可能となる。サンプルを見てもらえれば
可読性の高さをお分かりいただけると思う。


01:<html>
02:<head>
03:<script type="text/javascript" src="js/Silverlight.js"></script>
04:<script language="JavaScript">
05:<!--
06:  function init(){
07:    Silverlight.createObjectEx(
08:      {
09:        source:"test.xaml",
10:        parentElement:document.getElementById("helloworld"),
11:        id:"helloworld",
12:        properties:
13:        {
14:          width:'500',
15:          height:'450',
16:          inplaceInstallPrompt:false,
17:          background:'#FF0000FF',
18:          isWindowless:'false',
19:          framerate:'24',
20:          version:'1.0',
21:          ignoreBrowerVer:false,
22:          enableHtmlAccess:true
23:        },
24:        events:{onError:null, onLoad:null},
25:        initParams: "param data string",
26:        context:"context data string "
27:      }
28:      );
29:  }
30://-->
31:</script>
32:</head>
33:<body onLoad="javascript:init();">
34:<center>
35:<div id="helloworld"></div>
36:</center>
37:</body>
38:</html>

前回紹介しなかったパラメーター等を簡単に紹介したい。

inplaceInstallPrompt:
Silverlightプラグインがインストールされていなかった場合に
表示される、ダウンロード先のリンクに詳細説明を表示させるか
どうか。trueなら詳細を表示する。デフォルトはfalse

background:
8桁指定の場合は初めの2桁はアルファチャンネルとなる。
isWindowlessをtrueなどにしてアルファチャンネルを00にすると
背景が完全に透過する。

isWindowless:
ウィンドウレス・コントロールとして表示するかを指定。
SilverlightオブジェクトのSettings.Windowlessプロパティに相当

frameRate:
フレームレート。デフォルト24 最大64

ignoreBrowserVer:
実行するWebブラウザのタイプやバージョンの確認を無視するか指定

enableHtmlAccess:
コンテンツがHTMLのコンテンツへアクセスすることを許可するか指定。
SilverlightオブジェクトのSettings.EnableHtmlAccessプロパティに相当

・完成形イメージ
http://www.iretj.com/~ak/study/silverlight/SilverlightCreateObjectEx.html
posted by zis at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

初めてのSilverlight

Silverlight本体はブラウザのplugin形式のアプリケーションであるが
Silverlight1.0のコンテンツは
JavaScript+XAML(XML型言語)という単純な構成で開発可能であり
テキストエディタ1つで開発が可能となる。

Silverlightのコンテンツ上に配置するオブジェクト等は
主にXAML上にタグの形式で記述していくのだが
今回は初歩の初歩という意味で
ブラウザ上にSilverlightのオブジェクトを表示させる為の
JavaScriptの紹介だけに留めたい。

まず初めにSilverlightの開発環境であるSilverlightSDKを
ダウンロード、インストールする。

・MS Silverlight SDK
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=FB7900DB-4380-4B0F-BB95-0BAEC714EE17&displaylang=en

このページからSilverlightSDKをダウンロードし
インストールが完了すると
デフォルトでは
C:\Program Files\Microsoft Silverlight 1.0 SDK
にSDK一式がインストールされる。
SDKの中にはオンラインヘルプやクイックスタートなどの
学習用素材などが含まれているが
基本的に必要なのは
Tools\Silverlight.js\Silverlight.js
のファイルのみとなる。

このファイルをSilverlightを埋め込むhtmlのファイルで
読み込んで利用することでSilverlightコンテンツの利用が
可能となる。

手始めに利用するSilverlight.js内の関数は
Silverlight.createObject()という関数のみで
5つの引数を渡すことでSilverlightのコンテンツが表示される。

Silverlight.createObject(
XAMLファイルのパス,
HTML内の表示位置,
オブジェクト名,
イニシャライズオブジェクト,
エラー処理等のオブジェクト
)

参考までにXAMLファイルを用意せずに
Silverlightの領域のみを描くHTMLを紹介する。

01:<html>
02:<head>
03:<script type="text/javascript" src="js/Silverlight.js"></script>
04:<script language="JavaScript">
05:<!--
06:  function init(){
07:    Silverlight.createObject(
08:      "test.xaml",
09:      document.getElementById("helloworld"),
10:      "helloworld",
11:      {width: "500",height: "450",background: "#0000FF",version: "1.0"},
12:      {}
13:    )
14:  }
15://-->
16:</script>
17:</head>
18:<body onLoad="javascript:init();">
19:<center>
20:<div id="helloworld"></div>
21:</center>
22:</body>
23:</html>

最後になったが当然ながらRuntime環境となる
Silverlightがインストールされていないと
動作を確認できないので、インストールがまだの方は
以下のURLからインストールください。

http://www.microsoft.com/japan/silverlight/downloads.aspx

・完成形イメージ
http://www.iretj.com/~ak/study/silverlight/SilverlightCreateObject.html
タグ:Silverlight xaml
posted by zis at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

皆様
新年明けましておめでとうございます。

昨年を振り返りますと、様々な事があった1年で
2008年という年も楽しみなような、
怖いような、いまからドキドキです。

個人的にはここ2〜3年は
あまり調子の良い方ではなかったので
是非今年は20代最後の一年ということもありますので
挽回の年としたいです。

本年もよろしくお願いいたします。
posted by zis at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

SilverlightのHelloWorld!!

とりあえず
ExpressionBlendは使わずに
SilverlightSDKとXAMLの手書きレベルで
簡単に初めてのSilverlightアプリを試しで作ってみました。

ただwmvを流すだけのものです。
印象として非常にFlexに近い感覚を覚えました。
Silverlight1.0と1.1で自由度がかなり異なるようですが
とりあえず、1.0から覚えてみようと思います。

何かできたら公開しますね!
posted by zis at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

神戸にて

久しぶりに神戸に帰郷しました。
神戸の地で懐かしのジュンク堂書店で
BlendBookを見つけたので早速購入しました。

・BlendBook
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798114863?ie=UTF8&tag=2ndfactory-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4798114863

その他
・初めてのSilverlight
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AESilverlight%E2%80%95Flash%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AAWeb%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%92MS%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A7-I-BOOKS-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E7%BE%8E%E6%A8%B9/dp/4777513270/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1199004655&sr=8-5

も共に購入

年末年始で読めるだけ読むつもりです。
来年はMicrosoftYearです。

それにしても神戸の地はほっとさせてくれます
タグ:Silverlight
posted by zis at 17:52| Comment(3) | TrackBack(0) | Silverlight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

今年も一年お疲れ様でした。

本当に色々あった2007年でしたが
事務所の移転と大掃除も無事終了し
本年度の業務を終了することができました。
スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。

来年は年明けから激動の日々がスタートします。
自身としても会社としても勝負の一年になると
意気揚々としております。

是非是非来年の今頃には
好い一年だったと振り返ることができるように
頑張っていきましょう!!

posted by zis at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。